img_02

早めのがん検診が命を救う

がんとは正常な細胞が悪性化して、増殖する病気です。他の病気と異なる点は、周囲の正常な細胞を悪性化させるととこです。

最初は周囲の細胞から始まり、最終的に血液を通して全身に悪性化した細胞が広がります。

がんは病期、進行具合で大きく三つに分けられます。



一般的には早期がん(そうきがん)、進行がん(しんこうがん)、末期がん(まっきがん)です。
さらに細かく分類すると五段階に分けられます。

早期がんから始まり、最終的には末期がんになります。
がんの進行具合は個人差があり、人によって違います。比較的に年齢と進行速度は比例します。

つまり年齢が若ければがんの進行速度が早いです。

これは高齢者に比べ若い人の方が細胞分裂が活発だからです。



では、どのようにがんを発見するのか。
そのためにがん検診があるのです。

がん検診はできる限り早く、がんを発見するための検診です。
がん検診を有効に活用するには定期的に行わないといけないのです。



一般的には年に一回ペースで行うのが望ましいです。

例えば食道がんの場合、早期がんで発見して治療を受けた人の平均的な生存率が70%です。

次に進行がん、末期がんになるにつれて、生存率が下がります。

末期がんの場合、生存率が10%未満と助かる可能性が非常に低くなります。

これらの数値から、がんの発見時期が生存率に大きく関わっているのが誰が見てもわかります。
つまり末期がんまで進行する前に、定期的ながん検診を行い早期発見することが重要なのです。