ご案内

頭部を黒く染める方法をとっていましたが、使用を続けると服も汚れ、周囲全体が薄汚れてきました。 そのまま寝たりすると、枕も布団も真っ黒でした。
さすがにこれでは使えなくなりました。 その間、ハゲ専門の治療院にも数軒通いました。
赤外線、紫外線、レーザー、マッサージ、薬品など多くの治療を受けましたが、効果は出ませんでした。 個人的にも、ハゲに関する本を買ってはその中に書いてある食事療法、民間療法などを試しましたが、ダメでした。
当時、私は結婚適齢期でもあり、なんとか治したいという気持でいっぱいでした。 しかしあらゆる努力にもかかわらず、無情にも髪は抜けもうどうすることもできませんでした。
そして最後の手段、カツラに頼ることにしたのです。 あるカツラの相談所に行きました。
私はもう「カツラ」で覚悟を決めていました。 しかし意外にも、そこで毛根の移植という方法を勧められたのでした。

私の場合、頭頂部は相当進んでいましたが、まだツルッルといったところまでは進行していませんでした。 側面や後ろ側はふつうの人と変わりませんでした。
だから、後ろ側の毛根を頭頂部に移転植すれば、元どおりになると勧められたのです。 うまくいけば移植後の維持費も必要なく、しかもカツラと料金も変わりませんでしたので、これはいい方法だとばかりに詳しいことも聞かずO Kしてしまいました。 簡単な手術だと聞いていました。
手術当日、あらかじめ指定されていたクリニックに行きました。 手術の前に、いかなるトラブルがあっても文句は言わない、という内容の誓約書を書かされました。
手術は大した痛みもなく無事終わりました。 しかし、目から上は完全に包帯でグルグル巻きでした。
包帯は三日間必要だと事前に聞いていましたので、私は夏期休暇を利用して手術を受けたのですが、クリニックでは「包帯を取るまで一週間かかる」と言われてしまいました。 しかたなく、包帯姿で出社しなければなりませんでした。
当然、会社では奇異の目で見られ、社長からも「どうしたんだ?」と聞かれる始末でした。 たずねられればウソもつけないし、正直に答えざるを得ませんでした。
一週間で包帯は取れましたが、手術結果は半年後でないとわからないと言われました。 毛根移植はあくまで毛根を頭皮ごと移植するもので、毛髪を移植するものではありません。
移植部分の毛根から髪が生えてくるかどうか、成長を待ちました。

について徹底研究しました。

を抱えているあなたへ朗報です。

あなたの期待に応える情報が満載です。

を分析しています!

多くの方にご支持を頂いているです。

抜け毛治療は万全ですか?効果の高いを求める人に最適です。

女性の抜け毛対策のサービスの本質に迫ります。を検索しましょう。